[ カテゴリー » 日 記 ]

あの儘の手文庫

 あの儘の手文庫が、雛箱の蔭に別段あれ以上に古くもならず、手持好に艶々とした光沢を含んでゐた。 藁に縋るやうな自分の眼は執拗にあれ[#「あれ」に傍点]に惑かされた。 また、自分は腕を伸した。だが、蓋に触れた自分の手先きは、激しく震えて如何しても自由にならなかつた。可笑しい程、蕪雑に震えた。

 ...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 07:59 pm  

博文館発行の当用日誌

 年の暮に、自分の手を引いて書店に行く母は、「博文館発行の当用日誌を――」と尋ねるのが常だつた。大晦日の晩に、その年の最後の頁を終ると、自分は覚えてゐる、母は、可成り仰山に感慨を含めた動作でパタリと日頃とは稍違ふ音をたてゝ閉ぢ、箪笥のやうな開きのついた黒い文庫の錠をあけて、厳かにこれを収めた。そし...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 07:58 pm  

自分は絶望的な嘆息を洩した

「あ……」と、自分は絶望的な嘆息を洩した。――自分の手は棒になつて動かなかつた。自分は、明るい電灯に曝されてゐる骨張つた手を視詰めた。指先を憎体な熊手のやうに曲げて凝つと、指先きばかりを視詰めた。頭は一つの魯鈍な塊りに過ぎなかつた。――間もなく自分の腕は、渡辺の綱に切り落された間抜けな妖婆の薪のやう...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 07:58 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0162 sec.

http://zip-p.com/